建築費用の支払いのタイミングは?

 

「契約時」「着工時」「上棟時」「竣工時」に支払うのが一般的です。まずは、工務店との「契約時」に10%程度を着手金として支払い、続いて「着工時」「上棟時」「竣工時」に残りの金額を30%ずつ支払うというのが一般的です。ただし、金融機関によっては、竣工時にならないと融資をしてくれない所もあり、施工会社によっては、建築費を持ち出し(立替え)しなければならず、それが負担で仕事を請けてもらえない事もあるので注意が必要です。事前に金融機関に確認し、施工会社とも相談しておくようにします。過去には着工時10%、竣工時90%という支払い条件で竣工させた物件もありました。そのような支払い条件に対応できる施工者をご紹介する事も可能です。お気軽にご相談下さい。

地盤調査とは?また費用の目安は?やらなければならないの!?

 

地盤調査は一般的に4~5トンある家を何十年も支えられる地盤があるかどうかを、調査するためのものであり費用は4~5万円程度が目安です。基本的には調査をする必要があります。

調査の結果、購入した土地が軟弱地盤である場合は、改良剤や杭などを使って地盤改良工事を行う必要性が高く、それに伴う別途費用も必要になりますので注意が必要です。心配な場合は、土地の購入前に、不動産会社などに依頼して、周辺土地の情報や資料を取り寄せてもらう事もできます。また、土地探しの段階から当事務所にご依頼いただければ、お客様の代理人として、現地調査などもご協力させていただきます。間違った土地探しとならない為にも、是非ご相談下さい。
*費用はスウェーデン式サウンディング試験の場合の目安です。

仕様変更したい場合、コストはどうなりますか?仕様変更の注意点等ありましたら教えてください。

 

時期にもよりますが、例えば工事開始前の設備や仕上げの変更であれば、その差額だけで、変更手数料は基本的にはかかりません。ただし、間取り等の変更となると、それを支える構造材の変更や構造計算をやり直さなくてはならない事もあり、変更のコストは掛かってきます。室内の仕上げなどは、早い段階でお伝えいただければ、ご希望に沿うものを探して再度プレゼンさせていただきます。

施工会社の選定の仕方について教えて下さい。

 

施工会社を決定する上で一番重要なのが、信頼と工事を無事やり遂げる事のできる高い技術力を持っている施工会社であるかどうかです。当事務所では、お付き合いのある数社の中から、時には特命で、時には相見積もりを取り、施工会社を選定しております。また、工法によって得意、不得意もありますので、そこもしっかり見極めるべきポイントといえます。
もし計画地が遠方で、その方面に知り合いの施工会社がおらず、新規に探す場合や、お客様の推薦される施工会社をご紹介いただく場合には、事前に面談をさせていただき、過去に造られた建物を実際に見せていただいたり、当事務所の図面や仕様をお話しする中で、信頼性と十分に適正な技術を備えているかどうかを判断させていただきます。